top of page
16x9 wide-screen aspect ratio background - light from heaven. Sun and clouds..jpg

あの世とこの世














「賽(さい)」と聞いて、

何を思い浮かべるでしょうか?


「賽(さい)は投げられた」の意味も、後戻りできない

と言った意味がありますね。

古代ローマ時代にカエサルが、軍隊を率いて

川を渡る際に言った言葉が語源とされています。


「賽(さい)の河原」もありますね。

三途の河原ですね。特に亡くなった幼い子が

石を積む場所と言われています。


親を悲しませた、親孝行できなかった、

そんな思いを償うために、終わりなき努力

(石積み)を続ける・・

そんな努力の甲斐(かい)なく、完成目前に

鬼が壊してしまう為、その子たちを救済するために

お地蔵さんが祀られていると言われています。


「賽(さい)」の意味には、

神に御参りするという意味があります。

賽銭(さいせん)は、神仏に奉納する金銭です。


賽の河原は、地獄でも何でもなく・・

「あの世とこの世」の境、神聖な場所。

本来、恐ろしい場所ではありません。


そんな場所が佐渡にもありました。


「大野亀」と「二ツ亀」の間にあります。



絶景の二ツ亀。


海水の透明度は高く、

海水は、まるで真水のようです。

山から染み出る水がきれいなので、

海も奇麗です。


















































二ツ亀の御神体の前に石積みがあり、

わたくしもひとつ石を積み上げました。


瞑想していると、「洞穴」の入り口が

見えてきて、後から、ああ、ここだ!と、

叫んだ場所がありました。


このあと訪れた大野亀に行く手前には、

「賽の河原」があり、今回は時間がなくて

訪れることができませんでしたが、

大事な過程を享受できたと思います。


佐渡自体がパワースポットと感じますが、

この一帯は特に神聖なスポットになっていて、

とても素晴らしい場所です。



さあ、「賽の河原の石積み」を終わりにして、

終わりなき、無限ループから抜け出しましょう。


大丈夫です。


今日からあたらしい自分を生きていきましょうね。



今日も素晴らしい一日をお祈りいたします。



心の宇宙 愛と感謝

メーハンナオコW



動画をアップしています。

是非、ご覧ください。

インスタグラム


閲覧数:49回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page