top of page
16x9 wide-screen aspect ratio background - light from heaven. Sun and clouds..jpg

満月の瞑想会・お別れ会













先日は、満月の瞑想会および智美さんの

お別れ会に遠方からもご参加いただきまして

皆さま本当にありがとう御座いました!


会の為にお花代を送ってくださった方々、

メールや心を寄せてくださった方々にも、

心より感謝申し上げます。



夏至翌日の満月とあって相当エネルギーが高く、

私たちの変容に大きな力を与えてくれたことに

完璧な宇宙の意思を感じずにはいらません。


私たちは様々な経験を通して、

自分を視て感じて気づき、魂をレベルアップ

させながら、まるで地上のレクレーションのような

時間を楽しんでいるように感じます。


皆さまの素晴らしい言葉や思い出に見送られ、

智美さんは安心して旅立たれることと思います。

涙と笑顔のとてもパワフルな魂の集いとなりました。


皆さま本当にありがとう御座いました!



―――先日、TOMOMIさんのお別れ会が開催され、

ご親族代表でお姉さんとご縁のある方が集まりました。

当日、ご参加できなかった方も居たようですが、

皆が心ひとつにご冥福を祈ったことでしょう。

そして、涙と笑いの中で語らい、それぞれの心の中に

いろんな姿でTOMOMIさんが生きてると感じました。


一足先に学びを終えたTOMOMIさんは、

いつまでも我々を照らしてくれることでしょう。

リトリートや森の33スペースが大好きだった

TOMOMIさんの意志は、しっかり

お姉さんが繋いでくれることでしょう。


この日の為に横浜からいらした方・・・

職場を変え新たな道を歩む方・・・

瞑想後に、一人ひとりが決意表明をしました。

我々は、歩みを止めることなく自分のペースで

魂磨きをするだろう★

そして最後の最後までTOMOMIさんに

寄り添ったNAOKOさんに感謝すると共に、

TOMOMIさんのご冥福をお祈りします。

今日が四十九日、旅立ちを向かえます☆―――



―――森の33スペースの家族が涙と笑顔と笑いで

智美さんを語られたメッセージは

智美さんにエールと感謝を作り一つに

なった意識は本当に純粋に綺麗でした。

智美さんは色々と納得して下さったと思います。

私にとっては初のリトリートの様な旅になりました。

感謝と感動で胸がいっぱいです!

森の33スペース最高〜 


満月の瞑想では空に丸い天界の入り口が開かれ

その真下にある巨大な木の根っこの元で

多数の人々達と祈りに近いエネルギーを

(白っぽい縦に長いエネルギー)

木の根っこから木が伸びていく方向へ

上げていくシーンから始まりました。


木がぐんぐんエネルギーと共に伸び

天界の入り口を突き抜けていきました。

突き抜けた入り口の隙間から光が

降り注ぎ、まもなく白っぽい透明な巨大な

クラゲとキノコのようなものが多数、

降り注いできました。

パワーアップする為のエネルギーです。


祈りのエネルギーは必要なものを与えられ

全てのものと一つになった意識に戻れるという

体験ができたダイナミックで神秘的な瞑想となりました。


脱皮したようだとおっしゃってた方の言葉通り、

確かに古いものを脱ぎ捨て

新たなものになったと実感できました。

いつも素晴らしい瞑想の場を

ありがとうございます。―――



―――今日の瞑想会も素晴らしかったです。

集まった全員が一日中笑顔でした♪

昨夜の遠隔瞑想からの流れからパワー全開でした。

何時も本当にありがとうございます。

何時も同じ言葉しか無いのですが感謝です。―――



―――先日の瞑想会ありがとうございました。

少ししか一緒に過ごす事が出来なかったですが

智美さんを共に見送る時間に参加させてもらい感謝です。―――



―――魂の仲間と、涙あり笑いありで

思い出を語りあい、智美さんのお別れ会に

参加できた事とても嬉しく思います。

6月25日、智美さんの49日いよいよ

天国へ旅立つのですね。今世で出会えた事に

感謝致します。阿寒の思い出は、私の一生の宝物です。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。―――



貴重なご感想を本当にありがとう御座いました!


モリノサンサンスペースは、

これからも志を共にする素晴らしい魂の仲間と、

進化を遂げていく所存で御座います!


今後ともよろしくお願い申し上げます。


今日も素晴らしい一日をお祈りいたします。



モリノサンサンスペース

心の宇宙 愛と感謝

NAOKO

閲覧数:40回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page